太陽光発電が注目されていますが、その理由とはなんなのでしょうか。

設置した人の声集めました!〜太陽光発電導入で何が変わった?〜

最近はエコがとても流行しています。
そのエコの代表的なものともいえるのが太陽光発電です。
多くの家庭でも利用され始めている太陽光発電ですが、そもそも、太陽光発電とはどのようなものなのでしょう。
太陽光発電とは何、という方からこれから太陽光発電を自宅につけたいと考えている方までわかりやすくご説明していきたいと思います。
太陽光発電は、太陽電池を利用した発電方法です。
太陽電池の源となっているのは太陽の光なので、自然の力で電気を発電する事が出来るのです。
家庭で使用する場合は、屋根の上に取り付け、そこで作られた電気を家庭の電力として利用します。
また、作って余った電力は電気会社に自動的に買い取ってもらえる仕組みになっているので、環境にもやさしく、お財布にも嬉しい仕組みとなっています。
その為、最近では新築マンションや新築の一戸建てなどにも多く取り入れられるようになってきています。
しかし、なぜこれほどまでに太陽光発電が注目される様になってきたのでしょうか。
その理由としては地球温暖化問題が挙げられます。
現在、地球の気温は毎年上昇しています。
そしてその現象はこれからもますます深刻化していくでしょう。
その原因は二酸化炭素などの温室効果ガスであることがわかっています。
このような二酸化炭素などの温室効果ガスは私達の生活の中でも多く生まれています。
その生まれる量を少しでも削減しようと国も削減目標を立てています。
その削減目標の達成の為に推進されているもののひとつが太陽光発電なのです。
太陽光発電は、その仕組みから、二酸化炭素を排出せずに電気を作る事が出来ます。
また、騒音などもありませんし、環境汚染などの心配もありません。
まさに環境に優しいシステムなのです。
その為、太陽光発電には大きな注目がされているのです。
しかし、太陽光発電で家の電力をまかなう事が出来るのかと疑問に思う方もいるでしょう。
実際のところを考えてみましょう。
一般的な家庭で消費をする電力量は3600kWhだとされています。
この量であれば太陽光発電で十分まかなえる量だとされています。
太陽光発電ですのでその効力を最も発揮するのはもちろん、晴天の日です。
特に真夏はとても多い量を電気を発電する事が出来ます。
逆に曇りや雨など、発電量が低い日については電力会社から電気を買うこととなりますが、売った電力量と買った電力量を比較してみてもあまり大きな差はなく、±0といったところのようです。
つまり、結果的に、太陽光発電で一般家庭分の電力は発電出来ているといえるのではないしょうか。

Copyright (C)2016設置した人の声集めました!〜太陽光発電導入で何が変わった?〜.All rights reserved.